紋紗塗(もんしゃぬり)




仕掛べらで凹凸を付けたりした上に漆を塗り、その漆が乾かないうちに紗(炭化したモミガラ等)を蒔き、研ぎ出して艶消しの地の部分と光沢のある文様を浮かび上がらせる技法。刀の鞘にも用いられたもので堅牢さは抜群。






前へ 次へ