錦塗(にしきぬり)



七子塗りの地模様の上に黒や緑などの漆で唐草や紗綾型(さやがた)や雲型などを描き、その上に錫粉を蒔いて研ぎ出す技法。津軽塗の中でも最も手の込んだ技法。





前へ 次へ